海外の反応ブログ(*・ω・)
Powered By 画RSS
ブログ・アンテナ(・ω・*)
Powered By 画RSS

2012年03月28日

【Another12話】「また最初から見返してみよう!」「うーん、がっかり・・・」 海外の反応

Another - 12 - Large 35


Another12話「死者」(Stand by oneself) の海外の反応です。
死者はあの人でした・・・。








Ahhh. So good!




これは予想外だ!ナイス!




アメージング!!! ラブv
これで終わっちゃうのは悲しいな;_;




最高!クランチロール配信ありがとうv




終わっちゃうなんて残念すぎる。




最後まで心臓のドキドキが止まらなかった。面白かったよー!




ネタバレコメント読んじゃってあのラストが台無しになったけど・・・それでも楽しめた。




素晴らしいアニメにふさわしい素晴らしい最終回。
一話から見返してみて気付いたけど、伏線いっぱいあったんだなー。




これ見てて良かった!
ストーリーが良くてキャラの掘り下げもあって絵も綺麗・・・そんなアニメなかなかないよ。
クランチロール、こういうアニメをもっとよろしく!




グレイト!
そもそもなんでこういう現象が起きるのかは分からないわけね。
次の年の生徒たちはかわいそうに・・・




2012年の冬アニメではこれが一番大好き、驚きの連続だった。
最終回は個人的にはグロかったけど、それでもすごくいい出来だったと思う。




また最初から見返してみよう。すごいアニメだった!




グレイト、一時もダレさせないアニメだった。
テープを未来の3組生徒に残すってのがクール。




Another - 12 - Large 29

感情のジェットコースター!
叔母さんが先生だったっていうのにすっごくショック受けた。
先生が怪しいとは思ってたんだよね、だって他に死者のように思える人はいなかったから。




あー予想間違ってたわ。。。




最高にイカしたトリックだった!
最初から死者のヒントは出てたんだ、13話もミスリードして!大天才!




School Days以来の最高の最終回だった。
こういうアニメがもっと増えるといいよ。




俺は分かってたぞー!
自分の予想が正しいとやっぱりいい気分だな。
10点満点。




シャンデリアから脱出できた唯一の生徒がドアに辿り着く前に柱に潰される、ってのが良かった。




死者が混乱の中で殺されるけど、それでも生徒たちは全部解決したことを知らずにそのまま互いを死者だと思い込んで殺し合いを続け、どんどん死人が増えていく・・・っていうのでも良かったと思う。




ラストは良かったけど、他の回ほど強烈だったわけじゃないからそれは残念かな。
終わっちゃって心にポッカリ穴があいた気分・・・大好きなアニメだったんだよ。




終わってしまったー。
そもそも根本的な問題は解決してないっていうのがいいね。(皮肉ではなく)




予想が一つ当たった!でもまさか怜子と三神先生が同一人物だとは思わなかったな~、このアニメ後半まで情報隠してるから分かるわけない><
もしもっとハッキリそういう描写があったら、予想もしやすかっただろうけど。

まぁ怜子はちょっと怪しいと思ってたんだけどね、恒一の父親が一話で「お義父さんお義母さんによろしく」とは言ってたけど、「怜子さんによろしく」とは言ってなかったから・・・もし怜子が生きてたら言うはずなのにな。
でも怜子と三神先生を結びつける情報がなかったから、怜子は予想から外したんだわ。

恒一が怜子を殺さなくちゃいけないのは可哀想にと思った・・・叔母さんなのに。

来年学校が始まったら、次の不運な3年3組の生徒はまたこれに巻き込まれるかもしれないんだよな。これをやればずっと災厄が止まる、っていう解決策はないんだろうか。
たぶん次の年は赤沢が死者として戻ってくるよ^^;
恒一と鳴は未来の3組を手助けするために、同じようなテープを残したのかな?もしくは、毎年新学年が始まる時に、学校側が鳴のことを死者発見人として雇うといいよね!^^;


クレジットが終わったあとの最後のところ見た?
望月と勅使河原が未来の後輩達のためにテープを取り付けてたよ。


あの後にあったんだ、気付かなかった・・・EDクレジットが始まるとたいていそこで止めちゃうから^^;
最後のとこ見てみるよ、ありがとう。

それでも、この先また殺し合いが起こっちゃうんだろうなぁ。







え、彼女=先生だったの?




怜子がお母さん???


怜子は叔母さんだよ、母親の妹。






「さよなら、母さん」???




生きてた頃の怜子を殺したのは誰よ?




一年半前に怜子を殺したのは恒一?




Another - 12 - Large 32

自分だけ?
鳴の記憶にあった怜子を殺した男は恒一に超似てない?




怜子は恒一に二度殺されたんじゃないかと考えてる。
終わっちゃったー・・・




怜子を殺したのはどっかの人だろ、恒一でも俺らが知ってる人でもなく。
鳴はその殺害現場を見てたし、怜子が二度目に死んだ後も記憶残ってるから、鳴はそれが誰なのか分かるはず。




叔母さんが、自分のことを副担任だって言ってるシーンなんてあったっけ???




疑問が2つ。

・怜子を殺したのは誰?その理由は?
ただのイカれた奴に殺されたの?

・恒一の「さよなら、母さん」って?




「どうして言わなかったの?」
「言ってもどうにもならなかったから」

・・・本当に?
それだけでクラスの半数は助かったと思うんだけど!




まさかこうなるとは!
鳴は恒一か誰かに三神先生が死者だって言っておかなくちゃ!ああああもうっ。
それだったらこんなに死ななくてすんだのにー。

全体で見るといいエピソードだったけどね:3




見崎は学校に勤めて毎年死者をピックアップするべき。
そうしたら今回みたいなことに巻き込まれる生徒はいなくなるから。




鳴は先生になって3組の担任になるといいよね。
初日にどうでもいい理由をつけて死者を居残らせて、んで斧を持ち出してザクっと。
これで災厄は避けられる。




災厄は来年以降を起こりうるけど、岬がクラスのアドバイザーになればしばらくは安泰だな、
鳴にメールで写真を送って、鳴が死者の名前を書いて送り返す。これで解決。




死んだ生徒は8人?もっと多いように思った。




このアニメはずっと楽しんできたんだけど、最終回のあれこれはとっても強引なように思えてしまって・・・
泉美には悪いけど、全部意味なくない?
この先また同じことが起こるんでしょう・・・




メインキャラが暴走するのは別にいいんだけど、
・今回の序盤のめちゃくちゃなアクシデント → 笑
・誰にも遮られず普通に建物に戻る恒一 → 笑
・あの爆発、雷その他 → 笑
あぁ、これらは災厄のせいだっけ・・・オッケー。

音響はすごく良かったし、この作品は大好きなんだけどなぁ、この最後の2話が・・・
もしこっちで発売されるなら買いたいわ、こんなに毎週楽しみにしてたアニメはRed Garden以来だ。




クレイジー!
あの種明かしはそこまでドラマチックじゃなかったけど、泉美がいなくなっちゃったからもうショックで。NOOOOOO!! 彼女のこと大好きだったのに。

死者の正体が誰かっていうヒントが作品の序盤で出てたなんて信じられない、すごい!
鳴の正体を探ることに必死になってて、そんな手がかりなんてすっかり見落としてた。
そうだよ、最初のうちは自分らは災厄のことも全然知らなかったんだ。ズルイズルイズルイ!
プラス、みーんな死者は生徒に違いないって思い込んでたもんなぁ。

一つ不満なのはあの火事かな。
燃えさかるホールで通話なんてできないよ、酸素がなくて息できないのに話すとかさぁ。




トータル何人死んだんだろう?
10人は超えてるってことだし・・・




死にすぎて笑ってしまった。
ホラー物はマジで苦手だから全話見られるとは思ってなかったんだけど、アナザーは他のと違ったわ。
ビジュアルが素晴らしいし、プロット、ミステリー部分も良かった。見崎と恒一の仲も気になったなー。そういうのおかげでだんだんハマっていった。
残念なのはあの2人のキス/デートシーンを見られなかったことだけど、電話の約束とか観覧車のお誘いとかを見るに、かなり親密になってるよね。




Blood-Cと同じ監督だっけ・・・最後の最後でガッカリ。




作品全体で見れば気に入っているけど、最後の2つのエピソードは前半よりもチープな死ばっかりでファイナルデスティネーションみたいに思えた。
特にあそこ、シャンデリアが生徒達の上に落ちてきて、んで柱が倒れてきて・・・って。
榊原が火の中に突っ立って、カノジョに電話かけて無事かどうか確かめるのはなんかウケたわ。


面白かったんだよ、今シーズンではこれが一番いいアニメだと思うけど、もう少しいい感じにできたんじゃないかなー。




死者は怜子だったってことに関しては文句なしなんだけど、副担任としての彼女と恒一の叔母としての彼女、それを結びつけるのは筋が通らないと思った。
一度もこの二人が同一人物なんていうヒント出してないじゃん、怜子の振る舞いも全然違うし・・・
(略)




ああああ!まさかこういうことだったなんて!
怜子は3組の人じゃないから違うよなって思ってたけど・・・マジでこれ誰も分かんないってー。

この作品は好きだけど、最後の死者の正体の説明が腹たったなー。
「マジか、もっと早く気付けよ自分!」じゃなくて「予知でもしない限りこんなの分かりっこねー!」 って感じ。ここだけ気に食わないわ。




まぁ典型的な終わり方だったかな。
良質なミステリホラーアニメを見終わったーって感じじゃないんだよな、ハラハラ狩猟アニメを見終わったような・・・




じゃあメインキャラはみんな三神先生が怜子って知ってたってこと?
なんで言ってくれないんだよ、騙された気分だ。
すごくいい作品だったけどさー!




一つ気になったところを言い忘れてた。
副担任として学校にいるのは三神先生だけだって鳴ちゃんが言ってたけど、誰もおかしく思わなかったんだろうか。それに2年前の3組の担任だったんだろ、それだけでかなり怪しい。その状況から判断するだけで良かったのになぁ。
鳴がめちゃくちゃ頭切れるのかな、それとも泉美(←おそらくあれこれ調べていたはず)は自分が思ってるほど利口な子じゃなかったんだろうか。


みんな死者=3組生徒だと思ってたからね。






>みんな死者=3組生徒だと思ってたからね。
あの人たちは思い込みを捨てるべきだったんだ。鳴ができて、なんで他の人ができないのか?
せめて千曳ぐらいはその可能性に思い当ってなくちゃいけなかったのに・・・




大満足だ。だけど怜子=三神 には納得いかない、あれはズルだろ。
自分含めて何人かは怜子を怪しんでたんだよなぁ。自分は、鳴が「死者は合宿に来てる」って言うからその考えを打ち消してしまった。
怜子があの人だって見てる人に教えてくれないなんてズルすぎる!!!!
それ以外に関しては、この終わり方は好きだな。




最初の9分間はめっちゃ面白かったわ。

シャンデリアトラップがくるのは分かってたよ!お約束だな!


死のシャンデリアから生還した奴がドアに走って行ったけど柱に潰される、ここがベストパート。
あの燃え盛る建物、すごくチームワーク良かったな。
(あのシーンで笑っちゃうなんて、自分は酷い人間だろうか?)






>(あのシーンで笑っちゃうなんて、自分は酷い人間だろうか?)
もしそうなら自分だって酷い奴だわ。笑っちゃって途中で再生止めたw




今回のは好きになれなかったなぁ、前回と同じく必要ない虐殺シーン。。。




見崎の姉との関係(従姉妹として育った)と赤沢の従兄弟との関係(兄弟のように育った)、なんか似てるのがいいな。
この2人の人柄は全く違うものとして描かれてきたから、これが明らかになったのはいい感じ。
これって原作でもあったの?
原作では赤沢はそこまで重要キャラじゃないって言ってる既読者がここにいたように記憶してるけど。




毎週の考察&セオリーの組み立てをした結果が正しかったと分かった、これはとっても嬉しいね。ほとんど合ってて、いくつか間違ってるとこがあった。
5、6話からは怜子が一番怪しいと思ってたんだよな、次点が三神。自分だけで考えてたらその二人が同一人物なんて分かったかどうか。。。
ここの誰かが最初にそういう考え方を出してきた時には、こじつけも甚だしいと思ったもんだ。
回想見ると分かるけどちょこちょこヒントあったんだな~。でもちゃんと分かった上で見るんじゃない限りこれはなかなか気付けなさそうだ。

種明かしシーンは置いておいて、このストーリーのクライマックスにはかなりガッカリさせられた、あれがあったから10点満点つけるのは避けておくわ。
バカみたいにどんどん死んで、緊張感が台無しになってしまった・・・残念なことにホラーとコメディの一線を越えてしまったよね。
先週のは「まぁそういうこともあるだろう」って感じでそこまで気にならなかったんだんだけど、最終回なのにまた同じことやるんだもんなぁ。
殺人ばあちゃんの件も最悪だよ。3組生徒である孫を亡くした精神不安定な祖父母、その人たちのところに皆を泊めるってことに関して千曳は何も考えなかったんだろうか?
あのばあちゃんが狂って皆を殺しまわったのはよく分からないけど、あれもきっと現象の力ってことにできるんだろうね。

解決したのがこれだけだったのにもちょっとガッカリしてる。
今年は現象を止めることができた、でもこの先また起こりうるかもしれないんだろう、何も解決してないじゃん。Another2で解決するのかな・・・
エピローグは甘々だったなー、恒一と鳴が続編でも登場することを祈りつつ。

>見崎の姉との関係~
鳴&泉美の兄弟が引っ掛けだったのもウマイ!よな。
未咲のことを鳴の従姉妹だと思っていたから、彼女は現象の被害者ではないと思わされた。
泉美の兄が2年前の3組にいた、ってことから赤沢のことが怪しく見えてきたりもしたし・・・
その兄(えーっと、従兄弟か)っていう人が例の["いないもの"の役割を放棄した生徒]なのかどうか明らかにしてほしかったかな。




最初は大好きだったんだけどなぁ、途中からがっかりすることがちょこちょこ出てきた。
だんだん序盤ではあったはずのハラハラ感がなくなって、展開が予想できるようになってたし。




なんでここにきてどんどん死人が出ることを問題にしてる人がいるんだろう。
自分は「災厄を止めるには死者を殺さなくてはいけない」っていうテープの内容が分かったときから、こういうのが来るなとは思ってたよ。
その秘密が明るみに出れば、生徒たちはお互いを殺しにかかるだろうって。(特に鳴と恒一狙いで)
こう思ってたのは自分だけじゃないはず。

恒一と鳴の関係が結局どうなったのかだけは見たかったなー。10話でキスするんじゃないかってぐらい近づいてたりさ、ほんの僅かだけどこの二人はちょっとずついい感じになってると思うんだ。
非現実的なあれこれは置いておいて(燃えている建物の中を、むせたり火傷したりせずに歩ける、とか)、今回のエピソードはすっごく良かったと思う。満足できる結末だった。




>なんでここにきてどんどん死人が出ることを問題にしてる人がいるんだろう。~
自分もそれはだいぶ前から予想してたから、原作ではそういうことは起こってないって聞いてすげーびっくりした。
これ自体は悪いアイディアだとは思わないんだけど(人殺しばあちゃんよりはこれの方がいいわ・・・それを入れるならばあちゃんは削った方が良かったんじゃないかと)、そのやり方がマズかったように思うんだよね。
生徒たちが思慮のないゾンビみたいになって「死者を死に還す・・・」ってつぶやきだすのは酷かった。
あそこまで本気で狂わないで恒一と鳴と追いかけるっていうのもできたと思うんだけどなぁ。

鳴が死者だって思う手がかりがなかったらもっと面白いことになってたかも。
勅使河原と風見のあれみたいに友達同士で疑い始めて、いい意味で※醜い姿をさらすことになるんだ。(※いい意味で:見てる方にとって。彼らにしてみたら最悪)

死が滑稽になってたのもかなり問題だと思う。
この2話でいっぱい死んだけど、どれもこれも"ねーよ!"って感じだったからコミカルになってしまった。
ホラーモノ見てて死人が出るたびに笑うようになったら、もう真剣に見るのはキツいわ。
先週のはそんなに気にならなかったんだよ、ちょっとそういうのも入れてきたか、ぐらいで。
でも今回やったのはダメだ、あの柱で死ぬのとかバカバカしすぎた・・・

アニメスタッフの選択は「うーん・・・」と思うところもあるけど、一つのアニメとして見たらめちゃくちゃ楽しめた、とだけは言っておきたい。
アニメでこんなに楽しくあれこれ予想したのは久々だよ、2つダメな回があったからって他の素晴らしい10のエピソードが帳消しになったりはしない。




Another - 12 - Large 09

このアニメの中でも風見は不幸すぎない?w
出番のほとんどを他の奴にとられて、今はあれだよ。かわいそうに。
クールじゃない、とは言わないけどね。




死者は三神先生だ、っていう皆の考えは正解だったんだね。
個人的にはそれが明かされたことよりも、風見が人を殺してまわってたことの方がよっぽどショッキングだった・・・

この終わり方はいいと思うけど、もっと上手くやれたんじゃないかなとも思う。
鳴とサカキが懇意にしているのを見たかったなー。別にキスしてほしいとかどっちかから告白してほしいとか言ってるわけじゃなくて、一緒に歩いてる時に手をつないでくれるだけで十分だった。




Another - 12 - Large 41

プレーヤー、残ってるかなぁ・・・








短文感想が中心のクランチロールでは絶賛コメントが多め。
前々から考察で盛り上がっていたAnimeSukiForumでは「最後の2話が残念だったけど全体で見たら面白かったよね」という雰囲気でした。(ちなみに各ユーザーが12話につけた点数はこんな感じです↓)

2012y03m28d_132547437



全12話のAnotherの反応記事、これにておしまいです。今までありがとうございました!



[翻訳元]
Another - 第12話 - Stand by oneself Comments
Another - Episode 12 (END) Discussion / Poll - AnimeSuki Forum

[関連リンク]
【Another】12話まとめ 衝撃の展開! ちょっと説明不足なとこはあったけどいい最終回だった:ひまねっと
綾辻行人先生×井上伸一郎エグゼクティブプロデューサー対談
あにょまっくす : 【最速聖地巡礼】Another 第12話(最終回)で三神怜子さんが浮いていた現場に行ってきた



Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
清原 紘

関連商品
Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版 (カドカワコミックスAエース)
Another(上) (角川スニーカー文庫)
Another(下) (角川スニーカー文庫)
Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
Another (2) (角川コミックス・エース 170-6)
by G-Tools

Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
Another 限定版 第2巻 [Blu-ray]
角川書店 2012-04-27
売り上げランキング : 208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版 (カドカワコミックスAエース)
Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
Another(上) (角川スニーカー文庫)
Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]
Another 限定版 第4巻 [Blu-ray]




\うまるーん/
干物妹!うまるちゃん ~干物妹!育成計画~ 限定版 (2015年冬発売予定) 予約特典(オリジナルコスチューム“水着サンタ”が手に入るプロダクトコード付 & Amazon.co.jp限定「うまる」描き下ろしミニクリアファイル 付
干物妹!うまるちゃん ~干物妹!育成計画~ 限定版 (2015年冬発売予定) 予約特典(オリジナルコスチューム“水着サンタ”が手に入るプロダクトコード付 & Amazon.co.jp限定「うまる」描き下ろしミニクリアファイル 付

「かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!」(オープニングテーマ)「ひだまりデイズ」(エンディングテーマ)
「かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!」TVアニメ『干物妹!うまるちゃん』オープニングテーマ「ひだまりデイズ」TVアニメ『干物妹!うまるちゃん』エンディングテーマ
干物妹!うまるちゃん 第7巻 OVA同梱版: ヤングジャンプコミックス干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス)

コメント

結局死者探しはメイのミラクルパワーで解決ってところも含めて、ミステリーと呼ぶには穴だらけだったね。
原作者は叙述トリックにこだわりすぎて、他全体が雑過ぎた・・・。

でもトータルではここ最近で次回が一番気になるアニメだったし、考察やリアクションも含め楽しめたよ。
管理人3おつでした!
10話までは良かった、ラスト2話はどうしてこうなった
でも今期一番良かったかな
期待はずれなとこもあったけど、途中まではホラーしてたよね。
しかし司書の先生、ただの傍観者だったのか。
演劇部の顧問で~とか、あんまり関係なかったね。
映像のインパクトはあったけど話はもうひと捻りほしかったな
こんなんで原作面白いんか
能力ものにするんじゃなく、ちゃんと主人公に推理させるべきだったと思ったわ
メイちゃんがいなくても、死者が誰かを導き出せる情報は出てたんだしさ
>これ自体は悪いアイディアだとは思わないんだけど
>(人殺しばあちゃんよりはこれの方がいいわ・・・それを
>入れるならばあちゃんは削った方が良かったんじゃ
>ないかと)、そのやり方がマズかったように思うんだよね。

この意見に同意。ババアの現象と生徒たちの疑心暗鬼がまぜこぜになって見る側の焦点がぼやけるよ。
脚本下手だったなー。
ラスト2話は本当に残念。

※4
原作や漫画だと主人公や先生の葛藤がもっと書かれている
そこらへんの描写より映像的な刺激を求めちゃった監督やアニメの悪癖が出ちゃった感がある
ただ現象さんの改竄が中途半端すぎて推理ものとしてはとても一流とは呼べないかも
望月が全て悪い
超常現象を題材にしてる時点で多かれ少なかれミステリ部分との衝突が起こるから大変だね
最後のバトルロワイヤルもアニメ化するんだったら当然の改変なんだろうな

すっかり騙されたしもう一度見返すのが楽しみだ
外国人はとりあえず1話から見返せ。
かなり三神先生=玲子の伏線はかなりあるから。
三神=玲子が物語の中では周知の事実っていうのが
いまいちだわ
普通この手のトリックって作中の登場人物と読者を
同時に欺くからカタルシスを感じるもんだし
来年からは毎年4月になると鳴が学校に忍び込み
死者がいたらこっそりと殺害し誰にも知られることなく
未然に災厄を防ぐのであった
シャンデリア仕事してなくてワロタ
漫画版の終わり方が良かったから、アニメで赤沢と風見が死んでしまって残念だ
恒一の「お母さん」発言も、怜子さんを母のように慕ってたって
説明をちゃんと入れてほしいなぁと

でも映像は美しかったし迫力あったし、楽しかった
管理人さんお疲れさま、ありがとうございました
色々予測したけど全部外れたか残念
しかし叔母さんが副担任なんてな。
髪の毛の色違うやん
最後2話をもう少し丁寧に緊迫感を維持した表現ができていれば本当に大傑作になったかもしれない。
それでもかなり楽しめた作品。

>12
むしろ視聴者(読者)だけが騙されているってのが叙述トリックの基本なんじゃないの?よくわからんけど。
映像で叙述トリックをやったってことに意義がある。
>>12
とりあえず叙述トリックを何も理解していないことだけがわかった
ホラー物って風呂敷畳むの大変なんだよね。
起こっている事が超常現象だから理屈だけでは説明できないし興醒めになる。だからぼかす。
ホラー物は中盤が一番面白い。
>>12
作中人物まで騙されたたんじゃ、叙述トリックじゃなくて、ただの変装トリックみたいなネタになっちゃうだろ。
前半の雰囲気を維持できれば最高だった、最後のドタバタはぶち壊しもいいところ。
もう1クールやって綺麗に終わらせて欲しいな。
叙述トリックって両方(読者も劇中のキャラも騙す)のパターンもあるにはあるよ。ただ一般的には読み手に対して仕掛けるもの。
序盤は全体が見えないからいい緊迫感で見れるから良かったが、だんだん後半になって解決方法が見えた段階で微妙な展開になったよな結局どこまでいっても目に見えない呪いだからなぁ解決しないしすっきりしない嫌な最後だった。
8月に死んだ8人って、王子、杉浦、小椋、松井、金木、川掘、赤沢と、
もう1人は風見でいいのかな
11話で背中刺されてた前島と、喘息の発作起こしてた和久井は生きてたな
あと管理人の男の方殺したのは誰だったんだ
ラスト2話海外でも不評か
10話11話の脚本と演出は残念クオリティだったもんね
やりたい放題で美しくない。無駄が多すぎ
おかげで肝心の死者の正体への驚愕が薄まってしまった
>>10話11話

間違えた11話12話
やっぱラスト2話は不評だな。なんで10話までの流れを維持できなかったんだろう。いきなり雰囲気変わり過ぎで台無しな感じ
翻訳記事楽しく拝見させてもらいました
今日までお疲れ様でした!
努の遺作か・・・
死の色が見えるって何だよwと思ったが、今なら俺にも見える気がするぞ

穴ザーの円盤から死の色が
もっちー&てっしーが生き残ってくれたのはホッとしたけど
玲子さんが可哀相すぎて・・・
何も悪いことしてないのに2度も殺されるなんて・・・
そりゃ殺さなきゃならなかった恒一も辛かったろうけどさ
外人ってホント、キスさせたがるよね。
努にはブラッドCのトラウマが未だに続いてるのかもしれんな
管理人さん乙
私もこのアニメが今期一押しだと思うので、
向こうの人たちも楽しんでくれてよかった。
10話がいちばん面白かった
なにもかも中途半端、一番重要な原因って魔術?悪魔?都市伝説?呪い?⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪
赤沢か先生だと思ってたけど
予想は当たってた。

正直中盤のエピソードあたりで、学校廊下で返事をしないで不気味に歩く姿とか描写してた時にすでに疑ってたけど、やっぱりだったわ。
>>12

ドヤ顔での見当違いコメントご苦労さん(笑)
※36
それっていない者扱いしてた時じゃない?
アニメに文句はないが(むしろオタ向けアレンジで頑張
った)、メディアミックスでもてはやされるほどの原作か?

何か中学生が考えたみたいな大雑把な設定と展開で驚いた。
絵は嫌いじゃないけど脚本が糞杉
こんなんばっかだな最近のアニメ・・・
期待してなかったから面白かった
不満は残ったけど今期一番楽しんだ作品だった
分厚さに尻込みして未読だった綾辻行人・暗黒館の殺人でも買ってくるとしよう
>>42
もちろん館シリーズのそれまでの作品は読んでるんだよな
いきなり暗黒館だったらやめといた方がいい気がするが
>あと管理人の男の方殺したのは誰だったんだ

嫁さんの管理人おばちゃんじゃねえの
終盤はもうちょっと死ぬ人と生き残る人混ぜた方が
良かったのではとは思う
漫画版と同じくの赤沢さん生存ストーリーを期待してたけど、やはり原作に準じる結末にしたかー
キャラの扱い的には、どちらかというと漫画版に近かったのでちょっと期待していたんだが
10話までは本当良かった。
ドキリとする場面とかもあって、これは今期最高だろうと思ったら・・・
11、12話で大幅に改変して殺し合いが始まるわ、管理人もそれに参加してるわ、現象での死亡はそれまでの恐ろしかったシーンを馬鹿にするかのようなコントみたいなのばかり・・
どうしてこうなった(^^;
原作者がAnotherのスピンオフと、Another2の2作品の執筆を決めたそうだね
2で鳴の扱いをどうするのか気になるけど、今作とは繋がっていない全く別の話という可能性もあるか
これもいつかアニメになるといいな
叙述トリックものを映像化するのは難しいけど、これはうまくやっていた。
まぁあ後世の為にMD残すのはいいけどさ
死者を死に返せって教えても、肝心の死者が誰かわからないでしょ
恒一が「いない者」になった直後に三神先生にもシカトされて微妙な表情になったシーンがあったよね。
玲子=三神先生のヒントとしてはしいて言えばそこくらいなのかな。
鳴ちゃんかわいいよ
二期akatherのタイトルで
「普通の人間」には、お祭りが始まった時から死者の存在・経緯の認識が出来ない。
新学期の4月にクラスが決まった状態の時から行きなりもう認識できない状態。

まぁこの前提ルールがあれば成り立つ話しだし、単純なミステリーとは言い難いけど、それでも最後まで誰か判り難かったから、結果が見えたときは素直にあぁそういえばそうかと思って面白かったよ。
三上先生=レイコさんって最初からなぜか知ってた
原作を見たとかじゃなくて普通にそう思ってた
みんなが別人だと思ってとことにびっくりしちゃった
>>51
・三神先生が病欠したとき、恒一に病状を聞く望月
・恒一がいないものになったときの担任のセリフ「三神先生も難しい立場でありながら協力してくれる」
・水着回の時、誰一人として「はじめましてこんにちは」って言わない
・怜子さんの運転に対して「人は見かけによらない」
・望月が真っ先にスイカを持っていく
水着回はサービス回とみせかけて、伏線だらけだった
>>56
そんなに伏線あったのか!
気がつかなかったわw
そういえば千曳は死者を死に還す時に現場に居なかったのに怜子さんの事覚えてたのは何故なんだ?
面白いアニメだった。11話から雰囲気変ったのは、12話全部10話までの雰囲気を維持させていくの難しかったからなんじゃないかな?
面白かった。翻訳ご苦労様!
>>58
玲子は知り合いだから覚えている。
ただ玲子が副担任であったことや4月~8月までのやり取りはすでに忘れている。
彼の中ではとうに玲子は死んだ人間。
しかし、玲子が死者であったことは、恒一とメイから聞いているので知った

こういうことかと。
>でもまさか怜子と三神先生が同一人物だとは思わなかったな~、このアニメ後半まで情報隠してるから分かるわけない><

この手のコメばっかり言ってるんだよな外人共は。
どうやら連中の脳内では序盤のシーンについて記憶が改竄されるという現象が起こってるらしいな。
綾辻に超自然ホラーは書けない
ミステリは雰囲気だなんて言ってる人だし
全部観返してみたんだが玲子=三神先生じゃないとちょっとおかしい会話がところどころに入ってるな
なんだかんだで伏線が結構あった
でも1週目で気づく人の方が少ないレベルだと思う
そういう意味では途中で完全に分かっちゃう謎じゃなくて気づく人は気づくくらいのかなり良いミステリーだったんじゃないかと思う。
トリックにもうちょっとこだわってくれれば良作になったのになあ
ラスト2話のドリフっぷりといい、いろいろ残念だった
ラスト2話は納得いかんけど新規アニメとしては今期でも上位だったわ。
ラスト2話が無ければ継続アニメ含めてもトップ3に入る。
ラストはこのオリジナル展開は盛り上がる!と勇んでやってみたものの、なかなか思ったようなシナリオが上がってこない。
結局時間切れでとにかく無理矢理仕上げるだけになったと予想。
ギルティクラウンもそんな感じだったけど、制作者自身が一番忸怩たる思いがあるんじゃないかな
確かに全体の雰囲気は悪くなかった
ただお粗末な部分も多かった
PAのアニメだなぁ
って感じだった
PAは良かった
>この手のコメばっかり言ってるんだよな外人共は。

そりゃあ三神先生と怜子さんでは目の描き方も髪の毛の色も変わってるんだからなw
記憶改竄とか都合よすぎる設定のくせに、土壇場でメイだけが現象の影響を完全に受けずに先生が死ぬところ
を覚えてたとか・・・真面目に考察して損した気分
松永が時々思い出したりとか、現象の記憶改竄のシステムがどうなってるのかはけっこうあいまいだよ。

綾辻作品は館シリーズとかの本格ミステリでも死ぬシーンとかでホラー風味があったりするように、
こっとは本格風味をまぶした、あくまでもホラー作品なんだから、
あまり理詰めでがちがちにする必要はないと思う。
原作は叙述トリックだったのか。
そうだよな、綾辻だもんな。
そう考えると比較的良く出来た方かもしれない。
しかし、客観的にみてこのアニメはあまり出来のいい物でもない気がする。
合宿に来てからの演出がホラーなのかミステリーなのかコメディーなのか分からなくて。

※73
うん。断片的に思い出すのはよいとして、物語の根本である、死者である証拠の殺人現場を目撃はやりすぎなんじゃないかと思った。どうやって先生が死んだか説明するために都合よく設定された感じに見えた
赤沢が生き残れなかったのはがっかりだったわ。
あんな不思議ちゃんよりも魅力的だ。
原作見てないけど合宿は原作にはないとか?
クソな原作なら無視は大賛成だが、赤沢退場も無視して欲しかったな。
やっぱり綾辻は叙述トリック作家なんだな先生=玲子には気付かなかった、実写化しにくい構成は相変わらずだわ
これ実写版じゃ根本から改変しないとビックリ展開全くないだろ
11・12話の演出にはがっかりしたが最後のバレは面白かった
安易なバトロワ展開でげんなりした。
最後まで分からなかったんだが、勅使河原が瀕死の前島を任せた生徒って一体誰だったんだ?
杉浦の悲鳴で勅使河原に前島を任せた恒一、見崎、赤沢とすぐに現場に来た望月、狂った風見は除くとして、あとは自分の部屋だったり、トイレにいたりしたし、可能性があった渡辺もあの状態の前島を放置してまで小椋たちの所に行きそうにもないし…地味に謎だ
翻訳お疲れさまです。
色々な考察があるものですねえ。
怜子と三神先生の髪の色の改ざんが一番の災厄だった
※77
実写版はすでに、ミステリ映像化にありがちな
クレジットで犯人バレの罠に陥ってる気が
MDプレイヤーなんかもうカセットデッキより
稀少じゃないか? 後輩可哀相に。
>見崎は学校に勤めて毎年死者をピックアップするべき。
>そうしたら今回みたいなことに巻き込まれる生徒はいなくなるから。

ワラタwwwwwww
それはとてもいい考えだ
>>56
・怜子さんが風邪引いた翌日、三神先生が欠席

みんなよく気がつくよ。
おれも序盤は鳴ちゃんばっかりに目がいって・・
あんまりテクニカルに予想しまくっても楽しめないだろ
観て驚くのが楽しい
お気に入りのアナザー翻訳ありがとうさん
自分は鳴んちの受付のばあさんが人形なのか人間なのか気になって死者まで気がまわらなかったよ・・
あと管理人のおっさんはどうやったらあそこまで針山になるの?あれが一番びっくりだよwww
いくら災厄のせいとはいえおっさんへの憎しみ半端ねー!!
んで、1年半前に三上先生を殺した犯人は以前逃亡中?
なんでミサキは警察連絡しなかった?
*あの状況だと遠くて顔が見えなかったみたいな設定にするのかねぇ
色々と人間ぽくない設定は個性でごまかすのかな?まぁ楽しめたしいいか

ラストは海外の人のように、同じような疑問が残った~

不思議パワーで解決ってのは推理じゃなくなるから、やめて欲しかったんだけどな・・・・・んま作者の好みだし仕方ないか・・・
日本のホラー演出で も外人がきっちり怖がるってのは発見だった。

それにしても、燃え盛る炎の中でモシモシしてる画像は何回見ても笑ってしまうw
10話まできっちり仕上げておいて、あのギャグみたいなラスト2話だから逆に盛り上がったかんじだよなー
※79
勅使河原「いない者の話はよせ!」
正解不正解に囚われる人多いけどそもそも死者をあてるゲームじゃなくてそこは通過点だからな
死者が怜子さんだったのがわかったときの戸惑い、やるせなさ、この数ヶ月での思い出、切なさやら
いろんな想いがごちゃ混ぜになりながら、知らず知らずのうちに母の姿を重ねていた人に手を下す
そのあたりの葛藤や感情表現が肝なのに最後の最後で心情描写すっ飛ばしてパニックホラーやっちゃったのがもったいないし悲しいわ
恒一の最後の「おかあさん」のセリフが特にな・・w
とりあえずもちずきくんが
生き残っててよかったあああ
そういや今回の赤沢さんの回想の中の恒一は制服着てたけど、前の時は制服じゃなかったよね
あれはどういうことなんだろう・・・
単純にあの時はうろ覚えだったってことか?
>>94
前のやつは夢だったから不確かな光景だった。パジャマ姿でいきなり名前を名乗る不自然な状況だし。多分、病院での挨拶のイメージが混ざっているのかと。
>95
ありがとう。成程、そういう風に捉えればいいのか

予想していたとはいえ、アカザーさんが死んだのは残念だったな・・・生き残って鳴ちゃんと恒一の取り合いとか見たかった

最初の方にネタバレ見ちゃったから、正直終盤は期待はずれだったけど、知らずに見てたらもっと楽しめたのかな

ただ、どっちにしろ終盤のコメディ展開は酷かったわ
血Cといい、この監督は悪ノリしすぎ
三神=怜子にたどり着かずに怜子が怪しい、三神が怪しいって言ってるのは
根本的にルールを理解してないだろ。
めちゃ怖かった・・・
おじいちゃんが「理津子も怜子もかわいそうにな」「もう葬式は嫌だ」って言ってたのが妙に引っかかってたんだけど、やっぱり怜子さんが死者だったのね。
葬式の話題が出てる時に、その流れで出産と同時に亡くなったお母さんが「可哀想」なのはわかるけど、怜子さんが「可哀想」な理由がわからなかった。
完全に生徒の中に死者がいると思いこんでたよ。
Usually I dont learn post on blogs, however I would like to say that this write-up very compelled me to try and do it! Your writing style has been surprised me. Thank you, very great post.
Good info offered right here. Be sure you guys post your own updates upon Fb as well. Its always a good way of having even more exposure. Specifically if you possess plenty of supporters now there. Best of luck
Were a group of volunteers and opening a new scheme in our community. Your website offered us with valuable info to work on. Youve done an impressive activity and our whole neighborhood shall be thankful to you.
MDじゃ、ダメだ~w
最後あんな殺す必要なかったろ
シャンデリアが落ちてきて死ぬところ笑ったわ
終盤ダメダメだし主人公が三組にとって邪魔な存在でしかなかった
主人公の推理のみでもう一人を見つけていればよかった
でもやっぱりラストの殺人劇がダメだ
自殺はその本人に死に近いってことでまだわかるけど(洗脳でなく事故死であるべき)殺人は許容外だ
だから先生の死の原因が殺人だったから全体に響くレベルでがっかり
もう一人は答えの前にわかったけど、視聴者にとって最初の事件で該当者が例外といえる人というのは残念
そして、コメントであるように鳴が解決者になれば大丈夫だけど、そうでない場合は主人公の年の出来事は事件を終わらせることになっていないから(死に還すと言っても死者を発見する方法は該当者が教師でない限り不可能)話として意味がない
結局、ラストを除きホラーとしてはよかったけど物語性としては低評価となる
10話目までは完璧と言っても良いと思うけど、最後の2話はどうにかならんかったのかね…
てっしーが風見を突き落とした後からが本当に酷い
これってさー見たこともない制服をパリッと着こなした学生を平日見かけたら親戚の結婚式か葬式という田舎の常識を理解してないと事象がパジャマにこだわったわけとか赤沢の無念さが伝わってこないよね。外国の人はおろか都会の人にも伝わってないんじゃない。
最初のこと良く覚えてないんだけど、榊原が3組に入れられた理由ってあったっけ。
周りの先生も3組の事情知ってるのに3組に入れられた榊原が結構かわいそうだと昨日不動産屋さんに行ったことを思い出して思った。

コメントする